読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

Stay Tuning 札幌 Friday Night

MD時代のプレイリスト

音楽

僕のMD初購入は1998年でした。

 

それより3年前に、いち早く新しいものに飛びついた友達がMDプレイヤーに切り替えてましたが、CD/カセットテープ陣営にどっぷり浸かっていた自分は、なかなか新システムに移行できずにいました。が、その頃バンドをやっていて、自分たちの演奏を録音したいなぁ等、いろいろあって、遂に録再可能なポータブルMDを購入。それがSHARP製のMD-MS701-Sだったんですが、この前久しぶりに引っ張りだしてきたら、電源は入るものの、どんなMDを入れてもTOCエラー。ということでお亡くなりになりました。確か、3年前は使えてたと思うので、寿命としては15年ほどでした。

 

今はiTunes+iPhone(またはiPod Classicだが最近はあまり出番なし)で音楽を聴いているので、プレイリスト機能で、MD時代の「お気に入りMD」みたいなことは出来るんですが、それでもちょっと違うんですよね。完全にMD時代を再現出来ない。というのは、iTunesのプレイリストはあくまでもオリジナル音源の参照であってコピーではない。対してMDの場合はコピーになります。コピー元が別メディア(CD等)になるので当たり前ですね。だから何?別に良いじゃんと思われるかもしれませんが、MDの良いところはコピー後に編集が出来るということなんですよね。なので、アウトロ後の無音状態が長すぎるなと思えばカット出来るし、イントロの前の長いSEもカット出来る。プレイリストを作る場合は結構重要な機能で、こういうのは流れが大事なので本当はこれをやりたいんですよね。オリジナルを改変すること無く、プレイリスト上だけで再生位置を変更できれば同じことができるんですが、Appleはいつまでたっても対応してくれる気配がありませんね。

 

で、1998年から1999年にかけては「お気に入りMD」をたくさん作ってました。2000年になるとCD-Rが出てくるのでMD中心だったのはたったの2年ほどで短命でしたが、逆に思い出に残っている「お気に入りMD」というのもあります。

この頃大学生でしたが、札幌から小樽まで車で通学していたので、毎日往復2時間くらい運転してましたので、その間ずっと聴いてたんですね。一番思い出に残っているのが「Funk Rock」というシリーズで、計3枚程ありました。どんなプレイリストを作っていたかと言うとこんな感じです。

 

Funk Rock 1
  1. Tell Your Story Walkin' / Stevie Salas Colorcode (1994)
  2. Break It Out (The Legend Of Johnny Puerco) / Stevie Salas Colorcode (1996)
  3. Kickback / Stevie Salas Colorcode (1998)
  4. Crack Killed Applejack / Stevie Salas Colorcode (1994)
  5. Wave Of Emotion / Ritchie Kotzen (1996)
  6. Fly On The Wall / Thunder (1995)
  7. Play That Funky Music (Wild Cherry Cover) / Thunder (1998)
  8. Good To Your Earhole (Funkadelic Cover) / Stevie Salas Presents The Electric Pow Wow (1993)
  9. Born To Mack / Stevie Salas Colorcode (1994)
  10. Hootchie Toad / Stevie Salas Colorcode (1996)
  11. Too Scared To Live / Thunder (1995)
  12. Cover Me In Noise / Stevie Salas Colorcode (1996)
  13. Moving Through Sound (A Dedicated Jam To James Marshall) / Stevie Salas Colorcode (1996)
  14. Bring It On / Stevie Salas Colorcode (1998)
  15. Make Me Blank / Stevie Salas Colorcode (1996)
  16. The Grooveline (Heatwave Cover) / Stevie Salas Presents The Electric Pow Wow (1993)
  17. Start Again / Stevie Salas Colorcode (1994)
  18. What Do I Have To Do To Prove My Love To You (Maeve Whitney Cover) / Stevie Salas Colorcode (1996)

www.youtube.com

 

Funk Rock 2
  1. Money / Skin (1994)
  2. Are You Gonna Go My Way / Lenny Kravitz (1993)
  3. Rock And Roll Is Dead / Lenny Kravitz (1995)
  4. High Road Easy / Sass Jordan (1994)
  5. Hit It And Quit It (Funkadelic Cover) / Nicklebag (1996)
  6. Power Of Soul (Live) (Jimi Hendlix Cover) / Stevie Salas Colorcode (1994)
  7. Mother Heads Family Reunion / Ritchie Kotzen (1994)
  8. Damaged / Sass Jordan (1994)
  9. The Kids / Jamiroquai (1994)
  10. Socialite / Ritchie Kotzen (1994)
  11. World Affair / Ritchie Kotzen (1996)
  12. Virtual Insanity / Jamiroquai (1996)
  13. Stillness In Time / Jamiroquai (1994)
  14. Space Cowboy / Jamiroquai (1994)
  15. Stand Up! / Stevie Salas Colorcode (1990)
  16. The Harder They Come (Live) / Stevie Salas Colorcode (1990)

 

www.youtube.com

 

Funk Rock 3
  1. Hello / P-Funk Wants To Get Funked Up (Parliament Cover)/ T.M. Stevens Out Of Control (1995)
  2. Break It Out (The Legend Of Johnny Puerco) - Jon X Captain Crunchy Re-mix / Stevie Salas Colorcode (1997)
  3. Strange Kind of Woman (Deep Purple Cover) / V.A. (Ritchie Kotzen & T.M. Stevens)
  4. Black Capricorn Day / Jamiroquai (1999)
  5. Canned Heat / Jamiroquai (1999)
  6. Hots On For Nowhere (Led Zeppelin Cover) / Nicklebag (1996)
  7. Cupid's Dead (Horn Mix) / Extreme (1992)
  8. September / Earth, Wind & Fire (1978)
  9. Where Do We Go From Here? / Jamiroquai (1999)
  10. Something To Say / Ritchie Kotzen (1997)
  11. You're Like A Doll Baby (Char Cover) / Stevie Salas Colorcode (1997)
  12. Teenage Love Affair (Rick Derringer Cover) / Stevie Salas Presents Presents The Electric Pow Wow (with Zakk Wylde) (1993)
  13. Fireball (Deep Purple Cover)  / V.A. (Ritchie Kotzen & Stevie Salas & T.M. Stevens)
  14. Detroit Rock City (Live In Paris) (Kiss Cover) Stevie Salas Colorcode (1997)
  15. Without Love / Stevie Salas Colorcode (1994)

www.youtube.com

 

Funk Rockの癖にレッチリないのかよという感じですが、レッチリあまり好きじゃないんですよね。すみません。今作ろうとすると、たぶんシリーズ10までは余裕で作れそうです。