読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

溢れ出る 色の渦 巻き込む パレード デイドリーム

コステロ at EX THEATER 2日目

EX THEATER ROPPONGIのエルヴィス・コステロ2日目に行ってきました。
 
いきなり愚痴ですが、最近できたばかりのこの会場ですがいろいろと問題があるなーと。
 
会場に着くのが早すぎて、屋内ラウンジが埋まってしまっていて、しょうがなく外で待つことに。これが寒い寒い。札幌の方が暖かいんじゃないかと(体感では)。アンブレラ型のヒーターがあって、その近くにいたのに全然無理なくらい寒い。これはちょっと設計ミスなんじゃないかな、という感じです。猛暑の日もこれは辛いと思う。あと、ドリンクワンオーダー制を取っているんだけど客席への持ち込み厳禁だったりして、謎の仕様だなと。撮影も録音も禁止で、まあこれはよくあることなんだけど、Youtubeには今回のツアーの動画がたくさんアップされているのでバンド側は別に撮ってもいいんじゃないの的なスタンスなんじゃないかなー?
 
まあ、そんなこんなで(なぜか)オールスタンディングのはずが指定席になっていたのですが、その指定席が一番左端。スティーヴ・ナイーブ側かと思ったらダンサーが踊るカゴがあって、スティーブはあまり見えず、ダンサーはハッキリと見えました。
 
開演時間になり客席の証明が落ちたら、あっさり登場!このあっさりさが良い。
 
コステロが登場してAのコードを弾いて、I Hope You're Happy Nowからスタートか!と思ったらやっぱりそうでした。
 
で、セットリストはこんな感じ。
 
思ったことをポツポツと。
 
初回のルーレットで止まったのが「Girl」だったので、ビートルズのGirlやるのか?と思ったらThis Year's Girlで、これを聴けるとは思わなかったのでラッキーでした。その後Party Girl、Girl's Talkと続き、最後がビートルズのGirlと。やっぱり演るんかい!
 
このテーマでI Still Have That Other Girlを演奏する日もあるんだろうか。
 
あと、Sheですよね。ルーレットでSheに止まったわけです。
 
コステロ好きなんだよね」と言うと、「Sheは好きだよ」とよく言われるアレです。で、「Sheも良いんだけどあれカバーだよ」というと「エッ?」と返されるアレです。でもやっぱりなんだかんだでSheは良い曲だし、演奏も歌もすごく良かった。
 
その後、カップルがステージに上げられて、ルーレットを回すと念願のAccidents Will Happenが!僕がコステロを知るキッカケの曲ですよ。これを聴けたら本望って曲です。
 
God Give Me Strengthも良かったですね。ライブではサビのところはオクターブ下げてるんですが、最後だけオリジナルのまま歌うんですよ、これが鳥肌。
 
新譜からのWalk Us UptownはThe Impostersアレンジのバージョン。バージョンはMomofukuに入ってそうなアレンジでした。その流れで印象的なドラムのイントロからChelseaへなだれ込んで、メンバー紹介をして本編終了。
 
アンコールもあっさり登場。このあっさりさが良い。
 
で、コステロがアコギを持ってなかなかにテクニカルな演奏をしながら、この曲知ってるけどなんだっけ?としばらくわからなかったんだけど、River In Reverseに入っているAscension Day。ていうかギターめっちゃ上手かった。A Slow Drag With Josephineもすごく上手かった。
 
エレキよりアコギの方が上手いんじゃないか?
 
コステロのエレキの場合はエフェクトかけながらペンタトニックスケールをチョーキングするのが殆どだけど、ギターソロっていうか音響的な感じ(ああいうのを演奏するのは結構楽しいんだけど)。なのであまり上手いとは思ったことないんだけど(ブルース・トーマスにもテクニックを揶揄されていたような・・・)アコギは本当に上手かった。
 
あとSuits Of Lightsですよね。昨日これ聴きたいと書いたばかりでやってくれると思わなかったので感激。オリジナルよりは若干ルーズな感じの演奏でしたが。
 
あと最近よく演る、バラードバージョン始まりのOliver's Army。これも良かった。何が良かったってデヴィ・ファラガーのコーラス。あの人本当にコーラスが上手い。
 
で、1回めのアンコール最後はPL&Uだったのですが、なんだか1コーラス目が物足りない。ピート・トーマスのタムのドコドコが無いからなんですが、2コーラス目からは入れてくれました。PL&Uはあのタム使いを見ているのが楽しい。で、ダンサーさんが誕生日だったようで、ハッピーバースデーからの再度PL&Uからの、Kids Are Alrightを歌って終了。そういや客入れの時にThe WhoのI Need YouというWhoから選曲するには若干渋めな曲を選んでたなー。
 
アンコール2回めもあっさり登場。このあっさりさが良い。
 
ステージに上げられた女性が、彼氏が好きなThe Imposterを聴きたいとコステロに告げたら、バンドのImpostersじゃなくて?みたいなボケをかまして(たぶん)、できるかなーみたいなノリになったけど、別の人がルーレットを回すときに、Imposter風のBGMを演奏して、お、やってくれたじゃん!と思ったんだけど、そういやこのBGM、このツアーのCDかDVDかどっちかで聴いたな。
 
で、この時にルーレットで止まったのが「Imperial Chocolate」。何やる気だ?と思ったらPoor Napoleon。これもなかなかレア。その後Shabby Dollから、まさかのThe Imposterやっぱり演るんかい!ま、リハーサルは絶対していないと思うので、途中構成がおかしくなってたところはありましたが、これを聴けるとは思わなかった。
 
たしかGet Happyのライナーノーツで、この曲を「取るに足らない曲」とかって書いててあまり好きじゃないっぽかったしGet Happyからの曲でもこの曲のライブバージョンはあまり聴かないから今回聴けてラッキーです。リクエストしてくれた女性とその彼氏に感謝。
 
最後は新譜からSugar Won't Workでしたが、ラストに演るにはちょっと失敗だったかもしれないなーと思いました。最後はPump It Upあたりをやれば良かったような。この時点で3時間弱経っていたので時間なかったのかも。
 
というわけで、今日はどんな曲が来るんでしょうか。Impostersみたいなレア曲やってくれるかな?