読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

溢れ出る 色の渦 巻き込む パレード デイドリーム

改めて聴くとSMAPの曲が凄かった

ちょっと前の話になりますが、「SMAP報道ばかりで大事な報道がなされてない!」と、某俳優が嘆いてましたが、うーん・・・何を見てそう言ってるのか僕には分からないんですよね。ワイドショー?「ミヤネ屋」なんかは仕事中なので見れないけど、「とくダネ」とか「スッキリ」とかそういうやつ?でもそれはワイドショーなのでしょうがないのでは?

わたくし、朝は「羽鳥慎一モーニングショー」を見てますがスマスマの生謝罪の翌日こそSMAPに時間を割いてましたが、その次の日からはほんの少しだった記憶があります。

報道ステーション」とか「ニュース23」とか「ワールドビジネスサテライト」とかNHKニュース9」でSMAPばかりだったら確かに問題かもしれないけど、各番組ともほんの少し取り上げただけ。SMAPばかり、と言えるほどの時間は取ってなかったです。だからどう考えてもワイドショー見て言ってるとしか思えないんですよね。ワイドショーはスポーツ新聞みたいなもので、スポーツ新聞に芸能ニュースばかりだ!と怒ってもしょうがないわけでね。政治ニュース、経済ニュースに興味ある人がワイドショーしか見てないってのが、僕には不思議でならないです。

似た話で「デヴィッド・ボウイが死んだのに全然テレビでやらない!」と書いてる人もいたけど、報道ステーションで割と時間割いてましたけどね。その時たまたま見たワイドショーでやってなかっただけだと思います。

さて、SMAPは最初期からリアルタイムで知ってましたが、僕の中でずっと「流行りのポップソング」のカテゴリに位置していて、特にしっかりと聴こうと思ったことは無かったけれど、今回の騒動で昔の曲を思い出し、実は結構好きかもしれないと思って、聴いてみたいなと思ったわけですね。

少なくとも90年代の小室プロデュースものとかビーイング系なんかは今でも全然聴き直したいとか思わないんだけどなぜかSMAPは聴いてみたいなと思ったのです。

それで、聴いてみたらやっぱり良かったんですね、これが。とりあえずTSUTAYAで「Vest」「005」〜「013」を借りてきて、「Wool」もヤフオクでゲット。

特に95年周辺の作品は海外レコーディングで有名なスタジオミュージシャン多数。デニス・チェンバースやら、ウィル・リーやら。デニス・チェンバースってビリー・シーンナイアシンってフュージョンバンド組んでましたよね。結構好きでよく聴いてました。ウィル・リーは、実は去年見てるんですよね。矢野顕子トリオで。クリス・パーカーも一緒でした。ウィル・リーと言えばやっぱり山下達郎のサーカス・タウンが印象的ですが。この辺りのSMAPのアルバムは演奏メンバーが凄い!ってことで音楽誌で話題になってたそうですが、当時読んでたのはBURRNとヤングギターだからな・・・全然知らなかったし、周りも多分SMAPなんて・・・みたいなノリだったと思う。特にファンクなアレンジの曲とかすごく良い。当時、お気に入りMDでファンクっぽい曲たくさん入れてて、そこにはスティーヴィー・サラスやら、リッチー・コッツェンジャミロクワイ、TMスティーブンス、レニクラ、スキン、サンダーをごった煮にしていたんだけど、この時SMAPの曲を聴いていれば必ず入れていただろうと思います。

とりあえず、現時点で好きな曲を列挙。

  これは意外でした。ずっとイロモノ曲だと思ってたけどオケがとにかくカッコいい。あと中居君は音程取るのは苦手だけどリズム感が凄いということが分かった。楽器やったら凄いことになるんじゃないだろうか。

Smap Vest

Smap Vest



・たぶんオーライ
  94年時点でこんな重たいファンクやってたとは驚き。まだアイドルとしてはブレイク寸前の頃ですよ!聴きどころは間奏のデニス・チェンバースのドラムソロ。続くサックスソロはアルバムバージョンとシングルバージョンで違うんだけど、アルバムバージョンの方が好きかな。

SMAP 007

SMAP 007



KANSHAして (wah wah version)
  これはシングルバージョンよりもこのアルバムバージョンが断然良いです。イントロのリズム隊のブレイクからアガるアガる!ハイハットも8になったり4になったり16になったりと芸が細かいんですよね。やっぱり人が叩いてるのは良いです。あとワウワウ使ってチャカポコ言ってるギターも最高。コピーしたい。

・しようよ
イントロはシカゴのサタデー・イン・ザ・パークでニヤリとさせられ、サビ裏のベースラインでウォーっとなります。あとWOOLバージョンでは神保彰氏がやりたい放題。シングルバージョンのギター弾きまくりソロは凄いんだけど、あんまりあってない気がする。サックスが合ってるな。あと、矢野顕子がカバーしてます。

・$10
これもWOOLに入ってる生ドラムバージョンが良い。この曲はですね、リアルタイムでちょっと聴いたときに良さが分からなかったんですよね。サビの歌詞がダジャレじゃんと。ゴメンナサイ。かっこよかった。

Wool

Wool



アルバムバージョンが良いです。アメリカ南部的なアレンジが良いですね。

SMAP 008?TACOMAX

SMAP 008?TACOMAX



・青いイナズマ
ま、これは超有名ですよね。ゲッチュ。コーラスアレンジが達郎バンドにいた佐々木久美さんで、改めて聴くとなるほど〜と。

・SHAKE
これも代表作と言って良いかも。これがリリースされた当時、サビのヒッピハッピシェイクの元ネタわかる人どんだけいるのかな?と思ってました。今回の解散騒動で一番聴きたかったのがこの曲だったんですよね。SHAKEってちゃんと聴いたこと無いけど多分好きだろうなぁと。そしたら他にも良い曲あり過ぎて驚いたってな感じ。

SMAP 011 ス

SMAP 011 ス



・Peace!
当時にしてはそんなに売れた曲ではないようで、僕もうろ覚えで、少し知ってるかも・・程度でしたが、これは良いですよ。イントロがいきなりCharのSmoky。ドラムの手数がやたら多いと思ったら神保彰氏。ホーンセクションも気持ち良い。スマスマで久保田利伸がカバーしてたのをyoutubeで見たけど、素晴らしく合ってるんですよね。

SMAP 012 VIVA AMIGOS

SMAP 012 VIVA AMIGOS



・ルーズなMorning
007の2曲目ですが、まあこれも良いんですね。まあ簡単に言うと山下達郎のSparkleもしくはDaydreamにラテン風味が加わった、と言えば分かってもらえるかと思います。

・雨がやまない
森くんとキムタク。この2人がボーカルだと安心感がありますね。ルーズなMorning もこの2人だったらもっと凄かったかも。それはともかく、この曲の憂いのある感じが堪らん。演奏も凄い。

・感じやすい不機嫌
これも演奏が凄い。スティーリー・ダンを思い出しました。

・気になる
これ良いですね〜。ジャミロクワイのKidsとかその辺りのドタバタファンク。

・Fly
ヘヴィファンク。これは当時から知ってました。Flyって曲名はSlyから取った??

・Let It Be
これはあまり知りませんでしたが、1999年リリースっぽいなぁと。なぜなら4つ打ちディスコビートにストリングスっぽい上物が乗るアレンジって流行ってたんですよね。たぶん流行らせたのはジャミロクワイのキャンド・ヒートだと思うんですが。

まだ聴き込み中なので増える予定。