俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

溢れ出る 色の渦 巻き込む パレード デイドリーム

過去ライブ: マキシマム・ザ・ホルモン RSR 2007

日時:

2007/8/17

会場:

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO 1日目
石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
EARTH TENT

メンバー:

ダイスケはん(Vo)
マキシマムザ亮君(Vo & G)
上ちゃん(B)
ナヲ(Vo & Dr)

セットリスト:

 1.What's Up People?
 2.包丁 ハサミ カッター ナイフ ドス キリ
 3.ロッキンポ殺し
 4.糞ブレイキン脳ブレイキンリリィー
 5.ポリスマンベンツ
 6.絶望ビリー
 7.ぶっ生き返す
 8.シミ
 9.恋のメガラバ

 

メモ:

自分は2004年末に2番目の会社に転職しました。転職した会社は仕事中、FMノースウェーブが流れていました。そこで聴いて気に入ったのがマキシマム・ザ・ホルモン。すぐにアルバムを買いに走って、かなりハマった。「糞ブレイキン・リリー」なんて一曲内で余りにも急激なスタイルチェンジするもんだから通勤途中の電車の中で笑ってしまった思い出が。そういえば高3の夏休みに受験勉強そっちのけでクラスメイト3人で、森田童子の「僕たちの失敗」を、序盤はフォークバージョン、後半からパンクバージョンにして宅録する、みたいなことをやってましたが、それを思い出しました。

 

当時はホルモンはブレイク寸前で、単独ライブがなかなか取れなかったのでライジングサンで見てやろうという魂胆で、完全にマキシマム・ザ・ホルモン目当てで見に行きました。ライジング・サンは知人が初回から参加してて、少し興味はあったのですが自分はなかなか見たいバンドがなかったのですが、ようやくこの年に参加することになり、テンションが上がっていたことを思い出しました。がしかし、帰る頃には、いろいろ考えさせられモヤモヤしするということに・・・。

 

当時の拙い記録から転載します。

 

RSR2007に行ってきましたよ。マキシマムザホルモンが目当てで。それにしても疲れた。マキシマムザホルモンはEarthTentのトップバッターでした。


最初中頃にいたんだけどモッシュが激しすぎて左側後方へ脱出。それにしてもみんな音楽をちゃんと聴いていたのかね。ただ騒ぎたいだけの人が多かった気がした。メンバーの姿は殆ど見えません。上ちゃんがジャンプした時にちょっと見えたけど。ちょっとなんだかなぁって感じです。演奏は素晴らしかったですよ。だけどみんなあの上ちゃんの凄まじいチョッパーとか、ナオさんの凄まじいドラムとかダイスケはんのフィル・アンセルモ張りのデス声とかを真剣に聴いていた人はいるのだろうか。ホルモンが出てくる前には、ホルモンのルーツの一つのPANTERAのVULGAR DISPLAY OF POWERがかかっていたり、亮君のアンプにLINE6が入っていたり、こういうところに着目するような、文化系音楽ファンは横からこっそり聴いていた方が良かったかも。

音楽は音を楽しむと書きます。音を楽しみつつ騒ぐのは構わないけど、音を楽しまずに騒いでいる人も多い気がしたぞ。

ホルモンでちょっとだけフラストレーションが溜まったけど、この後に見る井上陽水で心底感動する。つづく。 

 

やっぱりちょっと怒ってますね。10年前の私。 

ホルモン目当てで行ったものの井上陽水に心奪われた模様です。最近の自分の好きな路線もこの辺からチラホラ出てきてる気がする。

 

 

ぶっ生き返す

ぶっ生き返す