俺の記憶ストレージ Part 1&2

イッツゴーンヌ!

アウトデラックスを見てZIGGYを思い出すの巻

アウト・デラックスSPにZIGGY森重樹一さんが出てて、正直こんなに喋ってるところを初めて見たので驚きました。ダイヤモンド☆ユカイがテレビに出始めた時も驚きましたが、森重樹一のバラエティ出演も驚きでした。しかも、カラオケで自分の「GLORIA」歌っていたのも驚きでしたが、吉川晃司の「KISSに撃たれて眠りたい」を歌ってたのも驚き。彼が影響を受けてきた曲を歌うならともかく、同業者の、それもGLORIA以降の曲を歌っていたのは結構衝撃。

 

ZIGGYとの出会いは中学生の頃に聴いた「GLORIA」だったと思います。でもその時はマトモに聴いてなくてサビだけなんか知ってる、みたいな感じでした。

 

90年代頭のその頃、私の周りでは、既に解散してしまっていたにも関わらず、衰えるどころか伝説化していたBOOWY(とその周辺)派閥と、80年代末期から台頭して瞬く間にメタルを浸透させたX派閥に分かれてました。X派閥が年齢を重ね、次に聴くべきバンドとしてジャーマンメタル的な洋楽にシフトしていったのに対し、BOOWY派閥はデヴィッド・ボウイやらT-REXを聴くもののどうにもピッタリ来ない。ルーツではあったとしても音楽性が近いというわけでもない。90年代後半にGLAYがブレイクするまではBOOWYの見た目に寄せたバンド(ビーイング系のバンドとか…)は存在したものの、音楽的に似たバンドは殆どなかった。ただ、唯一、見た目は似てないけど音楽的に割と似てた(と当時は思っていた・・・実はそんなに似てない)のがZIGGYでした。このバンド名もZIGGY STARSUST というデヴィッド・ボウイの曲名から拝借したそうですが、音楽性が特にデヴィッド・ボウイに特に似てるわけじゃないです。ただ、共通点として、ルーツにデヴィッド・ボウイはあるわけですね。

 

ビーイングブームに失望して洋楽に走った僕がその頃同時進行で聴いていたのがZIGGYの「ORDER-MADE」というベスト盤で、これだけ繰り返し聴いていたのです。多分友達の家で「ORDER-MADE」が流れていて、「GLORIA」以外にも良い曲あるんだなと思ったのが聴き始めたキッカケ。「HOW」あたりを聴いて、歌い出しが「LET IT BE」のサビに似ているなぁと思ったのが始まりだった気がします。ただ、ZIGGYの「ORDER-MADE」は本当に繰り返して聴きまくっていたのに、オリジナルアルバムは一枚も聴いたことがありません。これが不思議なところで、自分でも何でなのかよく分かりません。ジュンスカやプリプリもそうなんですが、結構好きなのにベスト盤しか聴いてない。

 

というわけで当時はBOOWYの代替として聴いていたZIGGYですが、一通りアメリカンハードロックというか、LAメタル的なものを経由した後は、ハノイ・ロックスとかモトリー・クルーとかエアロスミスが好きなんだろうなと思い直したのですが。(ハノイ・ロックスフィンランドだが・・・)

 

ORDER-MADEで特に好きなのがこれらの曲ですね。

 

吉川晃司じゃないほうの「La Vie en Rose」

www.youtube.com

 

「LET’S DO IT WITH THE MUSIC」は、なんかのCMソングだと思っててカセットテープだと思ったんだけど、全然違った(蛍光灯だった)。

 

www.youtube.com

 

この2曲が自分の中の2大巨頭です。

 

あとは、歌謡曲路線の「TOKYO CITY NIGHTS」

www.youtube.com

 

「BORN TO BE FREE」はグラムロック

www.youtube.com

 

「ONE NIGHT STAND」「GLORIA」「I’M GETTING BLUE」「DON’T STOP BELEIVEING」は王道ZIGGYって感じですね。

 

 

ORDER MADE

ORDER MADE

 

 

あ、そういえばZIGGYはなぜかBURRNでプッシュされてましたね。LOUDNESS、Xは無視されててZIGGYは取り上げられるのが謎でした。

 

あ、もう一つ、森重樹一作曲で好きな曲がありましたね。LINDBERGのデビュー曲「ROUTE246」。「TOKYO CITY NIGHTS」路線です。

www.youtube.com

 

以上