俺の記憶ストレージ Part 1&2

寂しさは琥珀となり密やかに輝き出す

初期モーニング娘。を振り返る

街録チャンネルというのが好きで結構見ます。その、街録チャンネルの福田明日香さんの回を見てたら初期モー娘。のことを書きたくなりました。

 

自分は、ASAYANでモー娘がデビューした頃は全く見てなかったんですが、ダウンタウンファンだったので、Hey! Hey! Hey!で知った、みたいな感じです。

 

実はそれまで、シャ乱Qが大の苦手だったんです。

シャ乱Qは、メジャーデビューした頃の1992年に名前だけは知ってたんですね。なぜかと言うと氷室ファンの友達がよくそのバンドの事を口にしてたから。その友達が結構馬鹿にしてたんですね、シャ乱Qを。ただ自分はずっと聴いたことなくて、「シングルベッド」で初めて聴いて、あーこの人たちか、と。聴いたのは1994年か1995年頃。曲構成とメロディが作為的な感じがして苦手で。その後に「ズルい女」も「いいわけ」が立て続けにヒットしてメジャーなバンドになったけどどうにも苦手で。ウルフルズ、というかトータス松本がHey! Hey! Hey!でシャ乱Qを批判してて、「わかるわ~」と思ったものです。

 

なので、モーニング娘。なる新グループに無関心だったんですが、デビュー曲でHey! Hey! Hey!に出演するんですね。そこで福田明日香が髪型と顔のシルエットが銀杏に似ていたせいで銀杏呼ばわり・・。

 

www.youtube.com

 

そんなやりとりの後に「モーニングコーヒー」が流れたんですが、これが良かったんですね。意外と。これ本当につんくの曲?と思ったほど。

 

www.youtube.com

 

ハモリも良いし、往年のアイドルポップみたいな感じで素晴らしいなと。これの前のインディーズ的な扱いの「愛の種」もアイドルポップですが、こっちのほうが曲の出来が格段に良い。

 

で、モー娘。の初期メンバーの5人中3人が北海道の出身ってのも、周りで結構話題になってましたね。特に飯田圭織は、友達の家の近くに実家があったみたいで、結構盛り上がってました。一番人気だったのはやっぱり安倍なつみだったようですが、個人的には個々の見た目よりは歌で好きになったので、一番歌が上手かった福田明日香が気になってました。

 

その後に出た「サマーナイトタウン」、これが大学3年の初夏にリリースされたと思うんですが、これも結構好きで。

 

www.youtube.com

 

モーニングって言いながら2枚目でナイトかよ、と思いましたが。これは本当に気に入って軽音楽部でギターでコピーした記憶があります。誰も相手にしてくれませんでしたが!今PV見て気づいたんですが、この時点で追加メンバー入ってたんですね。なんかそういうのも全部忘却の彼方。

 

うーん、俺ってつんく嫌いじゃなかったのかと、良い作曲家なんだなと思うに至ったわけです。そもそも曲構成がクサくて苦手な「シングルベッド」は、そもそもつんく作曲じゃなかった、と後で気づくわけですが。

 

3rdの「抱いてHold On Me」は、初のオリコン1位で、世間的にも大ヒット。多分「LOVEマシーン」のリリースまでのモー娘。のパブリックイメージはこの曲が背負ってました。前作と同じ路線で大ヒット狙いに来た感じがあります。で、この曲も別に嫌いじゃないんですが、どっちかというと「サマーナイトタウン」の方が好きかな。あまりにもヒットしすぎて当時は聴き飽きたってのもあります。あとラップが苦手。

 

で、この後はあまり聴かなくなったんですよね。もちろん曲は知っているけどそこまで、って感じで。

 

数年後にこの時期の曲を改めて聴いて好きになった曲が一つあって、それが「真夏の光線」。こういう80’s風のアイドルポップを書かせたらつんくは天才的。

 

www.youtube.com

 

ゴマキが加入した後の「LOVEマシーン」でモー娘。は、「まあまあ有名なアイドルグループ」から「国民的アイドルグループ」になった訳ですが、音楽性はこの時期からなんというかエンターテインメント路線になっていって、80’s風アイドルポップじゃなくなったんですよね。

 

といってもシングルしか知らないので実はあったのかもしれないですけど。

 

ちなみに「LOVEマシーン」のディスコサウンドは、その年の初夏に出たジャミロクワイの「Canned Heat」にインスパイアされたんじゃないかなと思う今日このごろでございます。

 

www.youtube.com