俺の記憶ストレージ Part 1&2

寂しさは琥珀となり密やかに輝き出す

Backing Chorus of Tatsuro Yamashita (part 1)

他の人の曲なのに圧倒的な存在感・・・それが山下達郎のコーラスワーク。

あの特徴的な声のコーラスが現れると、「あ、達郎さん、こんにちは」と思うこと請け合い。

 

基本的に達郎さんのコーラスを堪能したいのなら竹内まりやさんの曲を聞けば良いんですが、それは次回。今回はまりやさん以外で個人的に好きなものを選びました。

 

ココナツ・ホリデー/大滝詠一とココナツ・バンク (1973)


大瀧詠一 - ココナツホリディ

シュガー・ベイブの初お披露目がはっぴいえんどの解散コンサートだったようです。

ここで達郎さん率いるシュガー・ベイブの面々がコーラスをやっていて、大滝さんは当初シュガー・ベイブをコーラスグループだと思っていたとのこと。

大滝さんだけじゃなくて、吉田拓郎シュガー・ベイブってコーラスグループだと思っていた、とラジオ(オールナイトニッポン)で発言してました。

これはインストなんですが、「コーコナッツ」というコーラスが入ってます(元ネタは大滝詠一のココナツコーンのCMソング)。エンディングで最高音を出しているのが達郎さんでしょう。達郎さん以外のコーラスは若干ピッチが合ってないのか、少し不協和音になってます。

 

12月の雨/荒井由実 (1974)


12月の雨 荒井由実

若手時代、所属した事務所が給料を出してくれないので、コーラスで、スタジオミュージシャンの仕事をしていたとのこと。

ただ、なんでも良いというわけではなく、コーラスアレンジさせてくれないところには行かなかったようです。ユーミンの仕事が結構多かったみたいですね。

コーラス自体はハミング主体のオーソドックスなものですが、聞いただけで達郎だなと分かるものです。

 

ルージュの伝言荒井由実 (1975)


ルージュの伝言 荒井由実

ユーミンの曲を初めて聴いたのは、多分これなんじゃないかな?いや、「卒業写真」か「恋人はサンタクロース」かもしれないけど、でも最初期に聴いた曲の一つ。

魔女の宅急便」の劇中歌で聴いたのが最初だと思うのですが、まさか山下達郎がコーラスをやっているなんて思いもしなかったです。曲はアメリカンポップスという感じで、ドゥビドゥバ的なコーラスがアツい。

 

蝶々-San細野晴臣 (1976)


Haruomi Hosono - Chōchō-San (1976)

ファンク&ニューオリンズをベースにした無国籍音楽で、得意のビーチ・ボーイズ風コーラスではなく、一風変わった謎コーラスに。しかし、大滝さんとのダブルコーラスなんですが、二人は声が似ててどっちがどっちなんだか分からない。「蝶々さん」って言っているのが大滝さんで、ベースボーカルが達郎さんなんじゃないかな(違う?)。

 

青空のように/大滝詠一 (1977)
青空のように

青空のように

  • 大滝 詠一
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

本人曰く、Singleバージョンの方がコーラス大きめのミックスなので好きなんだとか。ただ、とはいえ、のちのナイアガラサウンドのプロトタイプみたいな曲なのでとにかく音の壁が凄くて、コーラスがはっきり聴こえるミックスではないかな?

 

おやすみロージー鈴木雅之 (1987)
おやすみロージー ~Angel Babyへのオマージュ~

おやすみロージー ~Angel Babyへのオマージュ~

  • 鈴木 雅之
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

本人もリリースした曲ですが、達郎バージョンはよりアカペラに近いフォーマットですが、マーチンバージョンは、楽器の音が結構聴こえます。

僕は達郎バージョンから入ったので、違和感なく聴いてましたが、よくよく考えたら、マーチンの曲でここまで達郎ボイスがフューチャーされると、マーチンのシングルというよりはユニットみたいな感じに思えてきます。あるいはOn The Street Cornerのメインボーカルをマーチンにやってもらったと言うべきか。まあ、とにかく達郎コーラスワークの凄さを堪能するならこの曲、という気がします。

 

Trust村田和人 (1994)
TRUST

TRUST

  • provided courtesy of iTunes

 

コーラスの主張がかなり強い曲。というかコーラスというよりは掛け合いボーカルみたいな感じ。イントロからいきなりタツローボイスなので、達郎曲かと思うほど。サウンドとしてはこの時代ならではの、まだ阪神大震災とかオウム事件とかに遭遇する前の時代の爽快なポップスって感じで、結構好き。当時からこの曲知ってたんだよなあ。村田和人さんという人は知らなかったけど。どこで聴いていたんだろう。

 

君はMagic村田和人 (1994)
君はMAGIC

君はMAGIC

  • provided courtesy of iTunes

 

上に同じアルバムに入ってる曲で、同じく掛け合いボーカル。村田和人 with 山下達郎みたいな曲。この曲もいいですねー。

 

浜っ子伝説/王様 (1996)
浜っ子伝説

浜っ子伝説

  • 王様
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

深紫伝説で一斉を風靡した王様のビーチ・ボーイズバージョン。クレジットは無いですが、達郎さんがサウンドアドバイザー&コーラスをやっているとのこと。

ただ、コーラス全部達郎さんではないですよね?特に日本語のコーラスは達郎さんに聴こえないので違うと思うんですが、どうなんでしょうか?

良い振動(Good Vibration)テルミン&3連になる直前のコーラスとか、「素敵じゃないか」の後のエンディングのコーラスは達郎さんに間違いないとは思います。

 

 

とまあ、こんな感じですが、次回は「Backing Chorus of Tatsuro Yamashita part2 - Mariya Takeychi Edition - 」ということで選びたいんですが、多いから大変そう。