俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

溢れ出る 色の渦 巻き込む パレード デイドリーム

脳内民生変換の儀

ご無沙汰です。

 

この前、TSUTAYAで色々借りてきました。ceroの「街の報せ」、ハイスタのカバーシングル、桑田佳祐の「君への手紙」、星野源の「恋」と、スキマスイッチの「全力少年 produced by 奥田民生」と、全部シングルなんですが。中学生以来ですね、シングルばかり借りるのなんて。

 

今何かと話題の星野源の「恋」は、個人的にはちょっとテンポが早い気がしますね。ああいう曲調だと普通もうちょっと遅いテンポのアレンジが良いような気がしますが、ドラマで使っているからなんでしょうかね。なんにせよシティ・ポップ愛好家としてはこの曲が流行るのは喜ばしいことですが。あと、おもしろかったのは「全力少年」。

 

www.youtube.com

 

これ、タワレコでちょっとだけ視聴してたんですよね。で、聴いた上で、「民生が全力少年歌ってるのかぁ、なるほど」と思ってたんですが、改めてヘッドホンでよく聴くと、限りなく民生風に大橋卓弥が歌っているというものでして、ちょっと驚きました。似せ方に。各種インタビューを読むとスキマスイッチユニコーンのファンだったそうですね(ちなみに一緒に借りてきた星野源ユニコーンのファン)。でプロデュースを依頼したと。「全力少年」って2005年の作品だったんですね。実はこの曲の直前に出た「冬の口笛」が好きで、この曲はそんなに来なかったんですが、民生アレンジのバージョンにしたら結構好きかもしれない。民生アレンジは、マージービート風のアレンジで、サビ直前のBメロのコーラスは民生がやってます。カップリングのカラオケバージョンだと民生のソロコーラスがハッキリ聴こえるのでオススメです。2番のコーラスのメロディの取り方が秀逸です(これってオリジナルにも入ってるんですかね?コーラスがふんわりと聴こえるんですが小さくて・・・)。民生は「イージューライダー」のコーラスなんか結構凄いと思います。割とコーラス職人なところがあると思ってます。

 

民生は結構、昔から邦楽カバーの多い人でして、古くはユニコーン時代の笠置シヅ子の「東京ブギウギ」に始まり、フォーク・クルセダーズの「悲しくてやりきれない」、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「スモーキン・ブギ」、サディスティック・ミカ・バンドの「ダンス・ハ・スンダ」、矢野顕子の「ラーメンたべたい」、大貫妙子の「突然の贈り物」、井上陽水の「最後のニュース」、ジュディマリの「散歩道」、スピッツの「うめぼし」、真心ブラザーズの「空にまいあがれ」、すかんちの「恋のマジックポーション」、イエモンの「Love Love Show」、ウルフルズの「ええねん」、変わり種だとエキセントリック少年オールスターズ(ダウンタウン)の「ああエキセントリック少年ボウイ」とか、結構ありますよ。

 

www.youtube.com

 

凄いのは、全部民生風になるんですよね。これが結構面白くて、脳内民生カバーしてみると、以外な曲も合ったりします。

 

例えばglobeの「Feel Like Dance」を自分の脳内で民生がカバーした体で再生してみてください。アレンジは、オーバードライブ気味のギター一本で刻む感じのアレンジ。結構いけます。Glayの「グロリアス」とかどうでしょう。SMAPの「ダイナマイト」とかも割と良い気がします。

 

まあプラビの「Timing」とかPerfumeの「レーザービーム」も歌ってるので、この人はやっぱりなんでもいけそうです。NHKの「Covers」に出てくれないかな。