読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

溢れ出る 色の渦 巻き込む パレード デイドリーム

スタイル・カウンシル

今から11年前の2005年のDigを古本屋で発見。

 

THE DIG No.43―THE HEART OF ROCK&SOUL (43) (シンコー・ミュージックMOOK)

THE DIG No.43―THE HEART OF ROCK&SOUL (43) (シンコー・ミュージックMOOK)

 

 特集は見ての通りシュガー・ベイブ

 

19ページ目を読んでハッと思いました。

「この曲、まるでシュガー・ベイブじゃん!」ー84年、自身のラジオ番組で、当時リリースされたばかりのスタイル・カウンシル「マイ・エヴァー・チェンジング・ムーズ」のシングル・ヴァージョンをかけた山下達郎は、そうコメントしていた。この曲が持つコンパクトなポップ・サウンドは本当にシュガー・ベイブそっくりで、筆者も当時とても驚いた記憶がある。

 

「My Ever Changing Moods」ってそんなにシュガー・ベイブっぽかったっけ?と思ったんですが、どうやら僕がずっと聴いていたのはアルバムバージョンだったようで、そちらは演奏がピアノオンリーで、ポール・ウェラーがしっとりと歌うバージョンだったようです。

 

www.youtube.com

 

所持しているスタイル・カウンシルのベスト盤にはピアノバージョンが収録されてたんですね。シングル・バージョンはこちらになります。

 

www.youtube.com

 

まるで「ダウンタウン」と「今日はなんだか」をミックスさせたような・・・。驚きなのは日本のシュガー・ベイブが1975年にやっていたことをイギリスのスタイル・カウンシルが1984年にやっているというところですよね。

 

スタイル・カウンシルと言えば「シャウト・トゥ・ザ・トップ」が一時期「とくダネ!」のオープニングに使われていたりしました。「とくダネ!」はコステロの「ヴェロニカ」とか、プリテンダーズの「ドント・ゲット・ミー・ロング」を使っていたりと英ロックが好きなのかなと思ってたんですが、ちょっと前にチャンバワンバの曲が使われてて、選曲者が変わったのかなと思ったんですがどうなんでしょうか。

 

www.youtube.com

 

「シャウト・トゥ・ザ・トップ」は佐野元春の「ヤング・ブラッズ」の元ネタだったり、aikoの「心日和」にアレンジがソックリだったりしますね。

 

僕が好きなのはこの「ウォールズ・カム・タンブリング・ダウン」。

 

www.youtube.com

 

歌い方はジョン・レノンの「インスタント・カーマ」っぽいと思いますが、アレンジはもろモータウン