読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

Stay Tuning 札幌 Friday Night

過去ライブ: 氷室京介 20th Anniversary Tour 2008 Just Movin' On -Moral-Present-

ライブの記録 音楽
日時:

2008/09/20

会場:

北海道立総合体育センター 北海きたえーる

メンバー:

氷室京介(Vo)
DAITA(G)
本田毅(G)
大島俊一(Key & Sax)
西山史晃 (B)
チャーリー・パクソン (Dr)

セットリスト:

 1.Sleepless Night ~眠れない夜のために
 2.Native Stranger
 3.Sweet Revolution
 4.Wild Romance
 5.Girls Be Glamorous
 6.Claudia
 7.Crime Of Love
 8.Misty ~微妙に~
 9.Be Yourself
10.ダイヤモンド・ダスト
11.STAY
12.SQUALL
13.Heat
14.季節が君だけを変える
15.MARIONETTE
16.Keep The Faith
17.Say Something
18.Wild At Night
19.Angel
アンコール
20.魂を抱いてくれ
21.Dear Algernon
22.Rainy Blue
23.Lover's Day
24.Love & Game
25.Jealousyを眠らせて
26.Summer Game

メモ:

会社の同僚3人で参戦。ソロ20周年目のベスト盤(氷室はベスト盤が異常に多い)リリース時のツアー。なのでオールタイムベスト的なセットリストになってました。が、しかしですね・・・いつものように当時の記録から転載します。 それを読んでもらえれば分かる。腹立つわ〜。今までで最も不快な思いをしたコンサート。
 

氷室京介のコンサートに5年ぶりに参戦した。しょっぱなから愚痴を書くので、愚痴を読みたくない人は何行か飛ばしてください。申し訳ないけど、書かずにはいられない。あ、愚痴っていっても氷室京介に対しての愚痴ではありません。
じゃあ、愚痴スタートします。ここから↓。
今回のコンサートは座席指定だったのだが僕はスタンド席の右後ろの方で、ちょっと見にくかった。まあ、それは運だから我慢するとして、僕の後ろに座っていた体格の良い女と男の2人組が(話の内容から察するにカップルではたぶんない)、年金がどうのこうの、自分の子供には就学援助をどうのこうの、と開演前に話していて、ライブという非日常の空間を楽しみにして来ている自分としては、こういう所帯じみた話をされると、テンションが下がってしまうのだ。まあ、でもこれもまだ許せる。誰が何を話してもしょうがない。
 
問題はコンサートが始まってからである。1曲目は、珍しいSleepless Nightだったのだが、サビの「眠れない夜のために・・・枯れない薔薇さ!」まで、つまりサビ全部を後ろの男が大声で歌うのである。音量が半端じゃないのだ。氷室の声どころか演奏までかき消されるくらいの大声。しかも音痴ときた。音が外れている。大声でさらに音痴となったら救いようがない。氷室はたまにオーディエンスに向けてマイクを向けて歌わせることがある。せめてそのときだけ歌えよ、と思った。こいつは氷室と一緒にカラオケに来ているとでも思っているのか?
しかも、イントロや間奏、ギターソロの時までオイオイコールをするのである。これまたでかい声で演奏が全然聞こえない。DAITAや本田さんに対するリスペクトが皆無である。さらに救いようが無いのがリズム感がないせいか、オイ、オイ、オイ、オイと4回目くらいからテンポが速くなりスネアドラムとずれていき、表だったはずがいつの間にか裏になっていたりする。で途中で、合わないと気づきまた表に調整しだすために一旦オイオイコールをやめる。あ、やめたな、と思ったら、また大声でオイオイコール。オイオイコールやりたけりゃ、パンクのライブにでも行って来い。
2曲目、3曲目もずっとこの調子だから、曲と曲の合間の静かなときに大声で、「俺は氷室の歌を聴きに来たのであってカラオケボックスにきたんじゃねーよ」と聞こえるように言ってあげたら、次の曲から静かになった。
でもこれ、杞憂だったんだな。単にバラードだから空気を読んで静かにしていただけで、バラードじゃない曲の時はリズムずれまくりのオイオイコールと音痴なサビの合唱。多分、僕だけじゃなくて、周りの人はみんな迷惑していたと思う。近くの女性は途中で帰ってしまったのだが、奴が原因だったんじゃないのかな?大声で歌っているとき、何度かそいつのほうを見て、うるせーぞ、みたいな顔をしてあげたのだが、そいつはサングラスをしていたせいか、こっちのキツイ目線に気づかない。アンコールの最後までこの調子でストレスが溜まりまくりってしまった。
本当に世の中には他人の迷惑を考えないやつが増えたと思う。こいつは、自分さえ楽しけりゃ、周りの客に音痴な歌を聞かせて氷室の声を掻き消しても構わないと思っている。会場側はいちいち書くんですか?「大声で歌うと他人の迷惑になりますのでご遠慮ください」って。そんなことを書かないと分からないくらい常識がないの?馬鹿なの?せめてオールスタンディングの会場なら自分が移動すれば回避できる。だけど座席指定なんだよ。音痴な歌からは絶対に逃れられない。
はい、愚痴終了。
セットリストは以下。

01. SLEEPLESS NIGHT~眠れない夜のために
1曲目はSleepless Night。これはLiveバージョンを初めて聴いた。前述したとおり、後ろの馬鹿のせいで氷室の声が殆ど聞こえず。全体のサウンドは高音がキツメでバランスが良いとはいえない。だが、これは徐々に改善されていく。
02. NATIVE STRANGER
IDEAからのシングル。これまた後ろの馬鹿がサビを全部歌うので氷室の声が聞こえず。
03. SWEET REVOLUTION
これも、戒厳令の夜には・・・から全部後ろの馬鹿が歌うから殆ど聞こえない。いい加減にしてくれ。
04. WILD ROMANCE
最近この曲が好きになった。だけど、最近の氷室の曲ってちょっとヴィジュアル系のバンドが好きそうな曲が多くないですか?僕はNeo FascioとかHigher Selfの頃の曲が好みなのですが。
05. Girls Be Glamorous
この曲はシャッフルで好きです。
06. Claudia
ヴィジュアル系みたいな曲だけど、これは好き。
07. CRIME OF LOVE
来た!Crime Of Love大好きです。ドラムがかっこいい。この辺りから後ろの馬鹿の声が小さくなったが、余り好きな曲じゃなかったのかもしれない。
08. MISTY~微妙に~
Mistyはそれほど好きでもない。C/WのACCIDENTS WILL HAPPENばかり聴いていたあの頃を思い出す。
09. Be Yourself
新曲ですね。正直、どうかな?という印象。
10. ダイヤモンド・ダスト
後ろの馬鹿が静かになって良かった(と思ったのもつかの間だったけど)。氷室の顔がモニターに映し出されていたが、僕はスタンドの後ろの方だったから正直ずっとモニターに出していて欲しかった。
11. STAY
でた、名曲。5本の指に入るほど好きな曲。
12. SQUALL

これも今となってはちょっとレアかな。パチンコのドラマの主題歌だったよね?
13. HEAT
これ、ドラムが大好きなんだ。しかも今回のドラマーはパワフルで、おかずも多いし、良いドラマーを連れてきたもんだ。
14. 季節が君だけを変える
おっと、これは意外だった。後ろの馬鹿がまた歌いだしたせいで、サビは聞き取りづらくなった。レア曲なのに最悪。
15. MARIONETTE
マリオネットね、嫌いじゃないんですよ。だけど敢えて聴きたいかと言われれば、他講演でやったFUNNY-BOYを聴きたかった・・・。後ろの馬鹿は、マリオネットも全部歌う。しかも1回目のサビの最後を「がみの中のマリオーネット」って、スタジオバージョンでの一番最後のサビの歌い方で歌っていて、こいつは救いようの無いアホだなと思った。
16. Keep the faith
KAT-TUNのセルフカバーですね。これもヴィジュアル系みたいな曲だと思った。
17, Say something
これはTAKUROと作った曲ですよね。この曲のリフって、いかにもGLAYというか、ひねりのないリフだなーと思った。メロディもGLAYっぽいですよね。申し訳ないが好きな曲ではない。
18. WILD AT NIGHT
これを聴くと、もうすぐ終わりなのかな、と思って悲しくなる。
19. ANGEL
2003ではなく、通常のバージョンの歌詞だった。
- アンコール -
MCが結構長くて、ライブに言った人しか分からないんだけど、氷室って結構おしゃべりで、MCも面白い。DVDだと殆どカットされちゃってもったいないな、といつも思う。
20. 魂を抱いてくれ(Acoustic)
アコースティック1本で演奏。音が綺麗だった。氷室もギター上手い。
21. DEAR ALGERNON(Acoustic)
これは良かったですね。Case Ofでもそうでしたが、1回目2回目のサビはフェイクの「Dear Algernon」で、最後のサビはスタジオバージョンどおり(ちょっとだけ崩してたけど)。鳥肌立ちました。名曲。
22. RAINY BLUE(Acoustic)
これ、PERSONZの本田さんと二人で演奏していて、アコースティックギターソロに入ったから本田さんが弾いているのかと思いきや、なんとヒムロックが弾いていた。こんなに上手かったとはビックリ。音の粒も揃っていて天は二物を与えるもんだな、と思った。
23. LOVER'S DAY(20th Anniversary Special Arrange Version)
これもビックリするくらい名曲ですよね。新しいアレンジのも好きです。
24. LOVE&GAME
なぜか演奏頻度の高いこの曲。僕はもうやらなくてもいいんじゃないかと思う。SHADOW BOXERとか代わりにどうですか?
25. JEALOUSYを眠らせて
JEAROUSYは、僕の青春でした。サビの裏で鳴っているギターシーケンスを耳コピして遊んでいたあの頃。それを聴きたかったのにまた後ろの馬鹿が「抱き合う指に眠れないジェラシー」と大声で歌うので一切聞こえない。
26. SUMMER GAME 
この曲が来たと言うことは最後ということ。後ろの奴にはむかついていたが、「ガッツガッツ」だけは許す。だけど「アイフォーリンサマーゲー」の音程が一定だったよ、CD聞き直したほうが良いんじゃないか?
愚痴は終わったはずが、半分くらい愚痴になってしまった。
ちなみに、MCでは、マイケミカルロマンスとコラボやると発表していたが、会場はあまり沸いていなかった。多分マイケミ自体を知らないんだろう。「Welcome To The Black Parade」は名曲です。Queenが好きなら好きだと思う。ちなみにマイケミはマリリンマンソンから批判されたときに、コステロから批判されたら凹むけど、マリマンからは何言われても良いや、って言った人たちです。だからコステロが好きなんでしょう。氷室もコステロ好きなので気があったのかもね。
あ、ちなみに僕がライブで聴きたい曲を書いておきます。氷室のスタッフさんは、僕のようなファンをいると言うことで宜しくお願いします。
Outside Beauty
Black-List
Psychic Baby
Maximum 100の憂鬱
Sweet Motion
Still The One
Good Luck My Love
Rhapsody In Red
Lonesome Dummy
Breathless 

 

アングリー・ヤングマン再登場。怒ってますねぇ。8年前の私。でも思い出しても未だにムカつきますよ、これは。お前の音痴なカラオケ聴きに来たんじゃないわい!
これ以来、氷室のライブあっても、うるさい奴多いんだろうなと思って避けてしまいました。でもライブを引退してしまった今、もったいなかったかもという気がしてます。それもこれも全部大声かつ音痴で歌ってたあいつのせいです。
チャーリー・パクソンはこのツアーから参加したんですかね。既存の曲を壊さない範囲でオリジナリティ出しつつ迫力あるドラミングが魅力的なドラマーだと思ったんですが、それはこの時には気付かず、後でDVD見てそう思ったのです。それもこれも全部大声かつ音痴で歌ってたあいつのせいです。

チケット代返して欲しい。

 

www.youtube.com

 

でもこういうことは良くあるみたいですね。検索してみたら氷室のこの前のLAST GIGSでも同じような体験した人がいたみたいです。「アリーナ席で盛り上がれない奴はDVDでも見とけ!」とか書いてましたね。まったく相容れない考え方だなぁ。

 

20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~

20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~

 

 

KYOSUKE HIMURO 20th ANNIVERSARY TOUR 2008 JUST MOVIN'ON-MORAL~PRESENT- [DVD]

KYOSUKE HIMURO 20th ANNIVERSARY TOUR 2008 JUST MOVIN'ON-MORAL~PRESENT- [DVD]