読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

溢れ出る 色の渦 巻き込む パレード デイドリーム

過去ライブ:バービーボーイズ RSR 2008

日時:

2008/8/15

会場:

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO 1日目
石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
EARTH TENT

メンバー:

KONTA(Vo & Sax)
杏子(Vo)
いまみちともたか(G)
エンリケ(B)
小沼俊昭(Dr)

セットリスト:

 1.ノーマジーン
 2.目を閉じておいでよ
 3.女ぎつね on the run
 4.ふしだらvsよこしま
 5.離れろよ
 6.負けるもんか
 7.C'mon Let's Go
 8.ショート寸前
 9.マイティウーマン

 

メモ:

当時の記録から転載します。

ジュンスカが終わった後、その同じ会場でBARBEE BOYSなので、ちょっと前の方に移動。するとステージから5メートルくらいの好位置につくことが出来た。近くにいた人は関西弁で、これを見るために北海道に来たと言っていた。話を聞いているとどうやら35歳くらいの人達で、青春真っ只中をBARBEE BOYSと過ごした人達みたいだ。BARBEE BOYSは突然現れて何も言わずにノーマジーンを演奏した。

KONTAも杏子も物凄く声が出ていた。イマサのギターは会場のせいか分離が悪かったが、あのマルめがねの独特の風貌を見ることが出来たのは感動モノだった。目を閉じておいでよ、はやらないと思っていたので、ビックリ。C'm'on Let's go!が聴けたのは良かった。僕は後期が好きなので、あいまいtensionとか、勇み足サミーとか、三日月の憂鬱とかも聴きたかったが、まあしょうがない。

目当ての3組を見ることが出来、満足して帰った。ちなみに会場内には、分別ファシズムエコファシズムが蔓延していた。

ライジングサンでは、ゴミの13分別が強要される。

1. 生ゴミ、残り汁 -> 堆肥
2. 燃やせるもの -> 灰にして埋め立て
3. プラスチック -> 燃料油
4. 紙コップ -> トイレットペーパー、ティッシュペーパーなど
5. 割り箸 -> リサイクル
6. ペットボトル -> リサイクル
7. 吸殻 -> 灰にして埋め立て
8. 紙資源 -> トイレットペーパー、ティッシュペーパーなど
9. 段ボール -> 段ボールにリサイクル
10. 金属 -> 金属の原料へ
11. 乾電池 -> 金属製品の部品に
12. 危険物 -> 埋め立て
13. 燃やせないもの -> 埋め立て

パッと見ただけでも疑問が何点かある。紙コップと紙資源はリサイクル先が同じであるがなぜ分けるのだろうか。燃やせるものと吸殻も灰にして埋め立て、とある。これも同じである。出来るだけ多くの種類に分別することがエコである、とでも思い込んでいるのだろうか。

ゴミ捨て場では、ライジングサンのスタッフがきちんと分別しているか見張っているらしい。分別が出来ていないと強制的にその場で分別しろ、と言われるらしい。そういう風に言われた人はゴミ袋の中から一つ一つ取り出し、13分別をさせられるとのことだ。

なにより、こういう強制的な雰囲気の中、分別しないなんて、環境にやさしくない悪い人達、みたいなレッテルを貼られてしまう。これが環境ファシズムエコファシズム、分別ファシズムと言わずして何と言おうか。

雨の中1時間も並んで、なお開演開始前に会場に入れなかった我々のような人もいるし、隣の人たちは3時間前から並んでいるのにも関わらず、開演開始に間に合わなかったらしい。なによりこっちは高い金を払っている。スタッフの手際の悪さで開演時間に間に合わないなんてのは本来許されないことだ。分別を強要するスタッフなんかより、入場ゲートのスタッフとか誘導するスタッフを充実すべきだろう。

 

こんなに分別のこと書いてたなんて。本人はすっかり忘れてるのに(笑)。そういえばこの頃、世の中はエコブームで、BSかなんかで見た ap bank FES 見て、あまりにもエコの押し付けが酷いなあとウンザリしてた頃だった。エコをやりたいなら、もっと楽に楽しくできた方が良いのであって、監視されたら嫌だなぁ。しかも本業で不手際ある癖にエコ監視。戦時中みたいだ。

 

 

本題のバービーボーイズに関して追記すると、開演前に年上のお姉さんたちが、「あの〜ドラムのなんだっけ・・・」「なんだっけ?」「・・・・・・コイソ?」「コイソだ!(爆笑)」と盛り上がってたのが印象的でした。まあやっぱりコイソが一番影薄いんですかね。エンリケ浜崎あゆみバンドだし、杏子は福耳で「星のかけらを探しに行こう」だし、コンタはドラマ「愛しあってるかい」、イマサはそもそも丸メガネの面長で、かつ大学教授今道友信の息子だし(?)、コイソの影が薄くてもしょうがないですよね。

 バービーボーイズは2008年の4月にスマスマに一時的に再結成して出演します。虫の知らせなのかなんなのか、出演する1、2ヶ月くらい前から僕はバービーボーイズにハマりだすんですね。何がキッカケだったのか・・・。同僚にベスト盤たまたま借りたんだったかな?リアルタイムでは解散間近のバービーは聴いてたので、懐かしさで聴いてたら、初期の曲も良いじゃん、と。

バービーボーイズをリアルタイムで聴いてた頃は楽器なんかやってなかったけど、ギターを通過してから聴くと、コード・ボイシングが凄かったり、サウンドが凄かったり、とにかく圧倒されました。

するとある日、スマスマにメンバー全員で出演するというじゃありませんか。この頃、吉田豪の「BAND LIFE」を読んで、その中にあったいまみちともたかのインタビューを見て、「こりゃ再結成ないだろうな」と思ったらあっさり再結成。ちなみにこの本には阿部義晴のインタビューもあって「こりゃユニコーンの再結成ムリだわ」と思ったらこちらも再結成。ユニコーンの方が驚いた。スマスマの日は早めに帰ってテレビの前にかじりつきましたね。その流れで紙ジャケリマスター盤もすべてゲットしました。

 そしてこの年、大復活。ライジング出演です。歓喜しました。この年のライジングの一番目当てはバービーボーイズなのです。バービーボーイズが来なかったら行ってません。 

ライブは盛り上がってました。コンタの相変わらずな用意周到的セリフ風MCは微笑ましかった。

エンディングは「マイティウーマン」でしたが、エンディングっぽくないですね。「翔んでみせろ」とか「負けるもんか」とかの方が良かったかも。「マイティウーマン」を知らなそうな人が多かったんですよ。「え?これで終わり?」みたいな感じになってました。

このライブが後日、WOWOWで放送されました。冒頭2曲のみ。これ以来、ライジングサンは放映されてないような気がします。

 

バービーボーイズ RSR2008 by sugumi93 音楽/動画 - ニコニコ動画

 

この後、全国4カ所で公演した後、再度解散します。というか、解散なのか活動休止なのかはっきりしません。明確に解散とは言ってませんが現在、リーダーのいまみちともたか椎名林檎のお兄さんの椎名純平とヒトサライというバンドをやってまして、そっちの活動が盛んなのでバービーボーイズはしばらくないかなと。レアものを北海道で見ることが出来てラッキーでした。

 

蜂-BARBEE BOYS Complete Single Collection-

蜂-BARBEE BOYS Complete Single Collection-