読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

Stay Tuning 札幌 Friday Night

過去ライブ: 東京事変 RSR 2008

ライブの記録 音楽
日時:

2008/8/15 

会場:

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO 1日目
石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
SUN STAGE

メンバー:

椎名林檎(Vo)
亀田誠治(B)
刄田綴色(Dr)
浮雲(G)
伊澤一葉(Key)

セットリスト:

 1.丸の内サディスティック
 2.ランプ
 3.ミラーボール
 4.歌舞伎
 5.OSCA
 6.ピノキオ
 7.黒猫道
 8.キラーチューン
 9.閃光少女

 

メモ:

2007年に続き、2008年も参戦。

 

当時の記録から転載します。

今年もライジングサンに行ってきました。ただし去年と同じ1日目だけ。今年の目当ては東京事変と、JUN SKY WALKER(S)、そしてBARBEE BOYS

去年は朝早くに一番近い駐車場を確保して、入場開始時間まで2時間くらい並んで待っていたが、今年は並びたくない、多少駐車場が遠くてもタクシー乗ればいいじゃん、のスピリッツで、昼の2時に到着。しかも一番会場から近い駐車場もまだまだ空いている。なぜかは分からないが、みんな一番近くの駐車場に停めずに遠い駐車場から停めていく。しかも長蛇の列になっている。そんな車を尻目にすいすい進んで一番近くの駐車場に停めたが快調だったのはここまで。ライブが始まるのが3時からなのでスイスイ入場できるだろうと思ったら長蛇の列。しかも雨で、全員びしょ濡れ。結局入ることが出来たのは1時間半後。入場できた時にはすでにライブが始まっていた。しかもびしょ濡れである。

それにしても誘導が下手なスタッフばかりだった。「左側に並んでくださーい」と拡声器で喋っていたスタッフはどこからみて左かを言うべきだし、その列が何の列なのかを言うべき。入場ゲートの近くに来た時も、8個くらいあるゲートは全て大渋滞でどこも空いていないのに、「空いているところからどんどん進んでくださーい」などと言っている。空いているところなど微塵もない。そして入場ゲートにいるスタッフも手際が悪すぎる。チケットを渡すと、会場案内図を渡してくれて、さらに手首にストラップを付けてくれるのだが、このストラップをつけるのにかなり手間取っている。一人当たり1分くらいはかかっている。あのスタッフは後ろに何万人の人が待っているかを意識しながら仕事をしていただろうか。

そんなこんなでストレスが溜まりながら、19時、SUN STAGEで東京事変のライブがスタート。

1曲目が椎名林檎名義での名曲、丸の内サディスティックだった。この曲を生で聴けたのは幸せだった。椎名林檎を好きになったのはまさにこの曲だったから。東京事変のメンバーは全員着物で、椎名林檎のMCも面白かった。ちなみに林檎ちゃんはBARBEE BOYS見たい、と仰っておりました。

全部見たかったのだが、ジュンスカを見るためにEARTHTENTへ移動しなくてはいけない。「閃光少女」の途中で泣く泣く移動。

 

相変わらず怒ってます(笑)。運営に。

 

当時のメモには書いてないけど、事変を見て思ったのは、東京事変の曲はリズムチェンジが激しすぎてライブで乗りづらいなぁ、というもの。この後にジュンスカを見るんですが余計にそう思った。出来る限り事変は家で聴きたい(本末転倒)。プログレのライブって行ったことないんですが、座って聴くんですよね、多分。野外でノルものじゃないんじゃないかなーと。

 

ライジングサンは2日連続ですが、僕はこの日で帰って、次の日は行ってないのですが、椎名林檎のソロがあったようです。オープニングでバート・バカラックアルフィーをやったとか。聴衆のどのくらいの人がアルフィーだと分かったんだろう・・・。

 

ちなみに2007年にあれだけ文句行っていたライジングサンになぜ翌年も行ったのか、ということですが、バービー・ボーイズが来るというのもあったのですが、当時の会社の主要メンバーが殆ど行ってたんですね。それでついていったと。自分は2004年末に転職後に某A社に入社し、2005年にもライジングサンに行く計画があったんですがちょうど翌日が自分の結婚式で断念。で、2006年は乗り気じゃなくて断り、2007年から参戦したというわけです。ちゃんとテントサイトを取ってくれた先輩がいて、焼き肉を食べて盛り上がってます。別にキャンプ&バーベキューは嫌いじゃないんで、それは楽しかったんですが、どうも音楽を真剣に聴くような環境じゃないよなぁと思っていろいろ書いていたというわけですね。2009年は・・・ちょっとプライベートで色々あり、行きませんでした。そこから2014年までご無沙汰。今年(2016年)も行く予定はありませんが、田島貴男は見たいかも。「Covers」の「あまく危険な香り」良かったです・・・って事変関係なくなっちゃったよ。

 

閃光少女

閃光少女