俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

溢れ出る 色の渦 巻き込む パレード デイドリーム

過去ライブ: メタリカ JAPAN TOUR 2003

日時:

2003/11/9

場所:

真駒内アイスアリーナ

メンバー:

ジェイムズ・ヘットフィールド(Vo & G)
カーク・ハメット(G)
ロバート・トゥルージロ(B)
ラーズ・ウルリッヒ(Dr)

セットリスト:

 1.Battery
 2.Master of Puppets
 3.Harvester of Sorrow
 4.Welcome Home (Sanitarium)
 5.For Whom The Bell Tolls
 6.Frantic
 7.Sad But True
 8.St. Anger
 9.No Remorse
10.Seek and Destroy
11.Blackened

アンコール 1

12.Fuel
13.Nothing Else Matters
14.Creeping Death

アンコール 2

15.One
16.Enter Sandman

アンコール 3

17.Am I Evil
18.So What

 

メモ:

当時の会社(新卒で入った会社)の直属の上司と先輩女性社員と、あまり知らない男の先輩社員で参戦。直前のアルバム「St. Anger」はまあまあといった感想だったが(スネアがカンカンいいすぎ、とも思った)、メタリカという大物バンドはなかなか札幌に来ないので迷わず参戦することにした。

 

当時の感想を綴った拙い文章があったので転載。

 

メタリカが来日する。しかも札幌に。
こんな大物見れる機会滅多にないと思い、俺はタワーレコードに急ぎ、チケット購入!!
なんと3列目だという。ラッキーだった。
しかし10月中くらいに信じられないニュースが流れた。
会社の上司に聞かされた「メタリカ来日公演中止」のニュースだ。
ショックを受け熱も急激に冷めてしまった。
しかし、なんと5日後くらいにやっぱり来るというのだ。
なんなんだよメタリカ来るなら来るといえよ、だれだよデマ流したのは。
ていうか公式にも中止って載ってたしデマではないんだけど。

さあなんだかんだ言って当日になりました。
3列目と聞いて席についたら右ウイングだった。しかも右側って3列目が先頭なのね。
つまりカークハメットのまん前。
オープニングでかかってた曲はデフレパードだったらしい。
1stの曲らしいのでよく知らない。
暗転したらAC/DCがかかって、ようやくメタリカ登場。
THUNDERもAC/DCで登場だったな。AC/DCってオープニングに良いんだろうか。
すぐさま聴きなれたイントロが、BATTERYだ!!
BATTERYといえば初めてメタリカで好きになった曲だ。
この曲でメタリカが好きになったと言っても過言ではない。
もうメタリカも年だから、演奏雑なんじゃないかと思ってたがそんなことなかった。
ドラムは相変わらず不安定だったけど。これは昔からだから。
BATTERYの次はMASTERだ。ユニゾンのギターソロで野郎どもが「おーおーおーおーおーおーおーおー」と歌う。
その次はHarvester of Sorrowだけど、なんとなく聞いたことあるけど。
なんのアルバムだったっけと思った。(JUSTICEなのね、これだけまともに聴いてない)

Sanitariumは好きな曲だ。その次のBellはかなり好き。
新ベーシストのロバートが相撲のしこを踏むような態勢でベースを弾く。
その次はFrantic、ニューアルバムから。
その次はSad、この曲あまり好きでない。
その次はニューアルバムのタイトル曲。

ジェイムズがキレモーキレモー連発する。
何のことかと思ったら「Kill 'em All」のことだった。
カークがJump In The Fireのイントロを弾く。ひょっとしてやってくれるの?
とおもったらロバートは弾く真似をするだけでよく知らないみたい。
結局やらなかった。
とおもったらNo Remorseを始めた。この曲好きなんだよな。
とくに「ずずたたずずたたずずたたずずたんっ」ってとこ。
そしてSeek & Destroy、サビは大合唱。
本編最後はBlackened、Justiceは聞いてなくてもこの曲は知ってる。

アンコールにこたえて戻ってきたジェイムズが「Gimme なんちゃら」とつぶやく。
Fuelが始まった。
これReloadの曲だけど結構良いよ。
次の曲が始まる前にカークとラーズがパートチェンジ。
Nothing Else Mattersを弾き出すラーズとドラム叩き出すカーク。
カークが再度ギターに持ち替えてNothingのイントロ弾くがハーモニクスに雑音が混じってて汚い。
このひとあまり上手くないんだよなーと思ってたらJames登場。
Nothingが始まった。
そしてCreeping Death!!Die Dieの大合唱。死ね死ねを連呼するなんてこんな時しかないな。
サポーロなどと言いながら帰っていった。

さあ二回目のアンコールが始まった。銃声みたいのが響く。
すぐOneだとわかった。
そしてEnter Sandmanこれも大合唱。
アンコール2回しかないと思ってたら戻ってきたのでやってくれるのかと思ったら、
ピック投げ出した。
指弾きベースのロバートも投げ出した。
このまま帰るのかと思いきや、Am I Evil?が始まる。
この曲も大好き。実は家でイントロを爪弾いたばかり。タイムリーだ。
そして本当の最後はSo Fuckin' What!!
これも大合唱。
いやーメタリカって良いですね。
また来てください。札幌に。

 

13年前の自分の勢いだけのアホみたいな文章、酷いですね。

ここには書いてないけど、ラーズ・ウルリッヒの"バスドラたまにオミット"省エネドラムは健在でした。この時ラーズ40歳。

 

www.youtube.com

 

メタリカは大学に入ってからメタリカ好きの同級生に借りて聴きました。僕は圧倒的に初期3枚のファンで、それ以降はそうでもないんですが、それでもやっぱり観るべきだという想いで行きました。

PIVOTのタワレコで先行抽選会があって、それに並んで引いたら前から三列目というナイスな座席。その抽選会の列は結構人が並んでたんだけど、タワレコのスタッフがグッド・シャーロットのチケットもどうすか?と聞いてたのが印象的でした。メタリカのファン層とは被らなそうだなぁと思いながら聞いてました。

会場は真駒内アイスアリーナ。ここは高校の頃に我が母校vs某A高校で定期戦というのが毎年あり、それで3年間毎年行ってたのですが、この時10年ぶりにアイスアリーナに行きました。アイスアリーナって真駒内駅から徒歩だと結構あるんですよね。この時は車で行ったと思うんだけど、どこに停めたか記憶にない。流石に路駐みたいな真似はしてないと思います。もう大人だったので。

物販は会場の外。外には大学時代のバンドやってた先輩大勢がいらっしゃって、4年ぶりくらいに遭遇して、お久しぶりです、とご挨拶。

 

ライブ中は近くにいたOLが恐ろしいくらいのヘドバンしていて、見かけによらないなぁ、コアなファンなんだなぁと思ったらアンコール前に帰ってしまった。遠方からお越しだったようです。

席は書いた通り、前から三列目だったのでピックがバンバン飛んできてたんですよ。全部で5枚くらいゲットしました。まだ数枚は手元にあります。

 

f:id:shintaness:20160706074412j:image

 

ライブの後、一緒に行った上司と先輩女性社員と知らない男の先輩社員と平岸駅近くの居酒屋で歓談。そこでどうにも様子が怪しかった、先輩女性社員と知らない男の先輩社員に「お二人は付き合ってるんすか?」と聞くと「うん」と言ってビックリ。密かにその女性社員に想いを寄せてた別の先輩社員、散る・・・。どうでもいい話だけど。

この後、車で家まで帰ってたらパトカーに止められました。一方通行だと思って右車線走ってしまって、途中で気づいて慌てて左車線に戻ったら後続車がパトカーで、飲酒運転だと思われたらしい。

警察官「免許ある?」私「あ、、はい」・・・モゾモゾ・・・あれ?どこだっけ?と3分探してようやく発見。警察官「お酒飲んでないよね?」私「はい、飲んでないです!」とあまりにもハキハキ喋るから「ハ〜」のヤツはやられなかった。

というか、車だったから本当にウーロン茶しか飲んでなかった。でもいざ止められると焦りますね。

 

セイント・アンガー

セイント・アンガー