俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

溢れ出る 色の渦 巻き込む パレード デイドリーム

キャロル・キングにまつわるアレコレ

古舘伊知郎がF-1実況で「振り向けばブーツェン」と言っていたのは20数年も前になりますが、音楽業界で言うと邦楽畑(※ 純邦楽ニアラズ)では「振り向けば筒美京平」、洋楽畑で言うと「振り向けばキャロル・キング」なんじゃないかと思うわけでございます。

 

特に僕の聴いてきた音楽にキャロル・キングが出てくる率が高いです。

 

キャロル・キングって名前はビートルズが「Chains」をカバーしてたから知ってたものの、女性だということは知らず(キングってねぇ・・・)、ずっと男性だと思ってました。よく考えるとキングは苗字なんですがね。ベン・E・キングは予想通りのルックスでしたが、キャロル・キングは全然違ったってわけ。ビートルズだとLive At The BBCの「Keep Your Hands Off My Baby」「Don’t Ever Change」なんかもキャロル・キングの作。

 

www.youtube.com

 

「Don’t Ever Change」はブリンズリー・シュワルツもカバーしてます。ニック・ロウは「Halfway To Paradise」、エルヴィス・コステロは「Point of No Return」をカバー(※ 最近リリースされたものとは同名異曲)。

 

www.youtube.com

 

アイズレー・ブラザーズは多いですね。「Brother, Brother」と「It’s Too Late」と「Sweet Seasons」。

 

www.youtube.com

(※ちなみに「Brother, Brother」は妙に「What's Goin On」に似ていると思ったらやっぱり意識していたらしいですね)

 

一番有名であろう「You’ve Got A Friend」が僕の手持ちの音源だと、意外と少ないんです。ジェイムズ・テイラーエリック・マーティンくらいかな?

 

www.youtube.com

 

そういえば数年前に実家で母親とラジオをたまたま聴いていたら、「You’ve Got A Friend」が流れてきて、「この曲何?」と母が聞いてくるので「キャロル・キングの曲だよ」と言うと、いたく気に入ったようで、そこから四六時中聴いていたそうです。で、「なんか昔聴いたことあるような気がするんだよね」と言うわけです。有名な曲なので「そりゃあるかもね」とも思ったんですが、よく考えたら母は五輪真弓の大ファンだったわけです。五輪真弓の初期作品のプロデュースはキャロル・キングがやってたんですね。つい最近、谷村新司のBSの番組でも五輪真弓が「You’ve Got A Friend」を歌っていたし、おそらく当時カバーしてたんじゃないかと。

 

あと極めつけは「Will You Love Me Tomorrow」ですかね。これもかなり有名な曲ですが、山下達郎がオンスト2でカバーしたり、フランキー・ヴァリ&フォーシーズンズやらリンダ・ロンシュタットノラ・ジョーンズやらがカバーしてますが、実はハードロックファンにもお馴染みだったりするんですね。

 

というのはレインボーのカバーのせいです。グラハム・ボネットがそもそもアメリカン・ポップスのファンで、何故かハードロックバンドに入ってしまうのですが(個人的趣味と才能がアンマッチだった良い例)、リッチー・ブラックモアの優しさなのか、この曲をカバーするわけです。ライブ限定で。

 

www.youtube.com

 

リッチー・ブラックモアコージー・パウエル、ドン・エイリー、ロジャー・グローヴァーの演奏。凄いメンツ。ゴリゴリのHR勢にカバーされるなんて本人もビックリでしょうね。

 

そもそもレインボー加入前のグラハム・ボネットのソロでレコーディングされているようなので、彼の十八番のようです。アレンジはレインボーのとは全然違いますが。

 

www.youtube.com

 

やっぱりこれってグラハム・ボネットだからだよね〜、前任者のロニー・ジェイムス・ディオなら絶対にカバーしないよね・・・とか思っていたら、なんとロニー・ジェイムス・ディオもカバーしていたという事実。

 

BURRN誌なんかでよく見るディオのバイオグラフィーだと、せいぜいELFぐらいまでしか紹介されないんですが、実はディオにはELFの前に前史があるわけです。それがロニー・ディオ&ザ・プロフェッツ。デビューが1962年なのでビートルズと同じ。というかポール・マッカートニーと同い年。プロフェッツ時代は「What’d I Say」とか「ラブポーションNo.9」とかまあそういう音楽性です。当たり前ですがハードロックなんてその頃無かったので。その並びで「Will You Love Me Tomorrow」もやっているという。

 

www.youtube.com

  

あの独特のねちっこいメタル・ヴォイスじゃないので一聴すると誰だか分からないですが。ここから15年経てメタル・ゴッドになるとは本人も知るまい・・・。