俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

溢れ出る 色の渦 巻き込む パレード デイドリーム

Farewell "Records-Records"

札幌のRecords-Recordsが閉店するとのこと。

  
 
なんでも、南2条店のビルのオーナーさんが亡くなって、それで立ち退き。3月頃に見た時は解体寸前だったけど、今は更地になって、狸小路5丁目に臨時店舗があります。ただし、ここも5/15で終了。
 
今後どうなるんですか?と店員さんに聞いたら、廃業するとのことです。店員さん曰く、30数年やってきて、立ち退きという理由で廃業ということで、破産したわけじゃないってのが救い、とのこと。レコレコのオーナーさんはレコレコの前から合わせると40年くらい経営してらしたそうで、年齢的にも廃業するくらいの頃かな、ということでそういう流れになったとのこと。
 

 

https://www.instagram.com/p/BFVc9tWPWny/

↑臨時店舗です

 
僕にとっては青春の店なんですよね。高校の頃からずっと通っていたお店です。かれこれ23年。30数年やっていたそうなので、歴史の半分くらいには貢献しているかな。
 
はじめてレコレコに行ったのは1993年だったと思う。その頃、レコレコは3店舗あった(はず)。
 
4プラ店、南2条店と琴似店。僕が最初に行ったのは4プラ店だった。そこでポール・マッカトニーのライブ盤「TRIPPING THE LIVE FANTASTIC」を買ったのが一番最初。
  

www.discogs.com

 

ま、Amazonのリンク、普通に貼っちゃってますけど、Amazonとかヤフオクが原因で実店舗が減ってるのは事実。立ち退きが原因とはいえ、昔に比べると品揃えが大幅に入れ替わることもここ数年は減ってたような印象があります。
 
それはさておき、最初に買ったものはよーく覚えてますね。このアルバムの「My Brave Face」の作曲クレジットに「エルヴィス・コステロ」があったから俄然興味を持ったのです(実際にはデクラン・マクマナス名義)。
 
南2条店は高校の友達に教えてもらって行った。この店が一番行った店かもしれない。社会人になってからは行きやすかったので結構行ってました。だけど最初に入った時はなかなか怖かった。お前みたいな学生風情が来るようなとこじゃねえよ的なオーラが漂っていました、あの頃は。
 
琴似店は大学に入ってから、その辺がナワバリだった友達に教えてもらった。琴似店もよく行った。ここの店員さんだった人は今、中古レコード専門店 楽音舎 札幌 というお店をやっている。そのことを全然知らなくて、ふらっと入ったらレコレコ琴似店の店員さんがいて驚いた記憶があります。あと琴似店はずっと探していたスティーヴィー・サラスの「Live In Paris」をゲットした思い出深い店でもありました。
 
昔はインターネットを使って音楽を聴くとか、回線が遅すぎて現実味が無かったし、Amazonヤフオクも無かったんで、タワレコ行くか、中古盤屋で買うかしか無かった。だから本当によく通ってました。あとレコレコはたまに物凄く安い値がついてることがありました。ブックオフなんかは一律だいたい同じ値段ですが、レコレコはそうじゃ無かった。高いのは高いし、安いのは限りなく安い。とてもお世話になりました。
 
今日は、そういえばレコレコどうなったんだろと思い立ち、ふらっと寄ったらあと3日で閉店だったわけです。たまたまです。呼ばれたんですね。
 
本当に最期の閉店のために今は半額セールをやっています。僕も最後なんでいろいろ買いました。
 
Elvis Costello「When I Was Cruel」のEU盤2枚組スペシャル・エディション
 
Elvis Costello「Let Them All Talk」アナログ 12inch シングル
Elvis Costello「The Only Flame In Town」アナログ 12inch シングル
Nick Lowe & Elvis Costello「Baby It's You」アナログ 12inch シングル
 
ストレンジ・デイズ(スクイーズのグレン・ティルブルックのインタビューあったから買いました)
 
これで2000円也、安い!
 
このイカした袋ともお別れです。