俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

溢れ出る 色の渦 巻き込む パレード デイドリーム

寒気爆発!

山下達郎第2弾の前に、全然関係ないネタをぶち込む。しかも音楽ネタではない)

 

小学校5年生くらいの頃、つまり昭和62年(1987年)、局所的に流行したカードがあった。僕の周りの友達10人くらいの間でしか流行っていなかったものだ。

 

それは、ビスケットとカードがセットで売っていて、つまり食玩なのだが、普通のスーパーにはあまり売ってなくて、昔ながらの雑貨屋というか、まだコンビニ自体がそれほど多くない時代の○○商店みたいなところに入荷していて、それを見つけては我々で買い占めていた。

 

時代的にはビックリマンシールが流行った後の出来事で、当時いろいろな類似品が出回っていた。ガムラツイストラーメンばあドキドキ学園ネクロスの要塞などだ。今名前を挙げたものはTVCMもあったのでそれなりに有名だったが、僕らの間で流行っていたカードは全く無名だったし、コミックボンボンとかコロコロコミックとか小学○年生みたいな雑誌では一切(たぶん)取り上げられてない。

 

で、数年ほど前に、そのことを思い出して、どんなデザインだったかなぁと、ググってみようとしたのだが、なにしろ、そのカードの名前が全く思い出せない。なんせマイナーなカードだったし、周辺で局所的に流行って、急激に廃れたもので、存在すらほぼ忘れかけていた程だったからだ。覚えているのは、

・とにかくマイナー

・海とか空とかいうカテゴリー分けがあった

・海にはポセイドン的な奴がいた

・カードダスのような大きさ

というものだ。結局この時はたどり着けなくて諦めた。

 

そして、今日このことを思い出し改めてググったらなんと発見したのである。

 

メーカーはMeijiつまり明治製菓だった。大手だったのが意外。カードの名前は「モンスターカード」というものだった。というか実はモンスターカードという名前ではピンと来ない。もとは「テレカード」という名前だった。それがシリーズが進んで「モンスターカード」になったんだと。「テレカード」は聞き覚えがあるなぁと思って調べたら当たっていた。これに行き着いた瞬間、寒気がしましたね・・・。記憶の奥底に触れようとしても何とも無いんだけど、実際に触れたら途端に寒気がする。なんなんですかね人間の体って。

 

以下のサイトに纏められていました。感謝。

strv.xxxxxxxx.jp

サラマンダーなんかは持っていたと思う。あのデザインはかすかに記憶にある。

 

以下のサイトにもポセイドンがいました。感謝。

http://imaikami.sakura.ne.jp/ms/os28.html

 

局所的に流行って、急激に廃れた、と書いたけど、たぶん不人気で打ち切られたんだろうな、と。最近のソーシャル系のカードゲームなんかも売上立たないとサービス終了してしまう(※)けど、当時の食玩カードは終わったんだか終わってないんだか分かりませんからね。ある日入荷しなくなって、まだかなーと思っていたら、いつの間にか忘却の彼方、という感じでしょうか。

 

ソーシャルゲームなんて原価かかってないだろ!という暴言を昔よく見ましたが、ランニングコストは結構かかります。サーバー借りますので。

 

だいぶ減りましたが少し前までソーシャル系カードゲームが出ては消え、出ては消えしていましたが、こういうのも30年後にふと思い出したりするんでしょうかね。食玩カードは物理的にカードがあるので手元にあればアップしてくれる有志がいますが、ウィキも立てられないような不人気ゲームはキャプチャも残ってないでしょうし・・・。

 

あと、子供の頃にあったものでまだたどり着けないものが二つあります。

 

・1988年頃にコンビニで売っていたレモンフレーバーの泡が出てくるお菓子(?じゃないかも、健康補助食品かもしれない)

・1985年頃の即廃刊になったファミコン雑誌

    たしか相原勇が昔の名前で誰か(橋本名人かな)と対談しているのが載っていた。

    あと学園モノの漫画が載っていた。キャラの名前でクリボー・シンジみたいなのがあったような

 

後者に関してはどこかで見つかっても良さそうなものですが。この前実家で探しましたが見つかりませんでした。捨てたのかな。勿体無い。