俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

溢れ出る 色の渦 巻き込む パレード デイドリーム

サラス小話もうひとつ

 1995年にリリースされた「JEFFOLOGY」というジェフ・ベックのカバーアルバムがありまして、主にHR/HM系のミュージシャンが演奏しているのですが、これにスティーヴィー・サラスも参加しています。

 

サラスが演奏している曲は、「Shape Of Things」で、オリジナルは(今調べて分かった所ですが)ヤードバーズだそうです。その後、ジェフ・ベック・グループの「Truth」で再演したそうです(←こっちしか知らなかった)。

 

音源はiTunesで買えるんですね。「JEFFOLOGY」ではないですが。

Shapes of Things

Shapes of Things

 

で、ボーカルはサラスではなくて、サス・ジョーダン。女性ですが男性かと思うくらいのボーカルです。「Tell Your Story Walkin'」でバックグラウンドボーカルをやってますが、サラスが吹き飛ぶくらいの声を出してます。

 

ここまでは分かってました。声聞けばわかるから。

 

で、ベースとドラムは誰だったんだろうと思い、久しぶりにCDのケースを開けて、ライナーノーツを見てみたところ、ベースはサラスなんです。ほうほう。ドラムは、Abe Laboriel Jr. と書いてあります。

 

え?マジすか?ポール・マッカトニーバンドで叩いているデカイ黒人ドラマーじゃないですか。わたくし、あのドラマーが大好きで、ポール・マッカトニーのライブDVDを見ると、ついつい目が行ってしまうのですよ。

 

www.youtube.com

↑ この人です。

 

ビートルズとサラスも繋がった。いろいろ探ってくと楽しいですね。

 

ちなみにジェフ・ベックで一番好きなのは「Situation」

www.youtube.com

改めて聴くと結構「黒い」演奏です。ドラマーはコージー・パウエル。こんな黒い演奏していたドラマーが数年後に様式美HRバンドで叩くことになるなんて。

 

Charによるカバーも最高です。

www.youtube.com

 

以上