読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の記憶ストレージ (Part 1 & 2)

溢れ出る 色の渦 巻き込む パレード デイドリーム

コステロ at EX THEATER 3日目 with 絶望のSapporo Storm Warning

3日目!


前日は寒すぎたので、開場の1時間前にEXシアター入り。500円玉用意しないと色々と面倒なので途中でコンビニに入り、コーヒーを買って小銭ゲット。


会場に着いたらスタンディングだった。整理番号が割と良番だったのでこの日が座席指定でも良かったかなーと思いつつ、前日より2倍近くの人が来るみたいなのでしょうがないなと思いながら、待ってる間に札幌の天気を見てると吹雪いてるじゃないですか。もう絶望的な気分になりましたよ。WOWOWをこの日のために加入したのに、多分受信できないだろうな・・・と。まあ会場にいるんだから良いんだけど、でも帰ってからも俺は反芻したいんだよ!と複雑な思いを抱えながら待ってました。


この日もやっぱり外で待たされてしまい、超寒い。マフラーが邪魔なのでコインロッカーに入れようかと迷ったんだけど300円取るみたいだし、寒いのでやめました。結果、マフラーないと寒すぎて死ねるみたいな感じだったのでまあしょうがない。


整理番号のエリアで待っていたら、コーヒー飲んだせいでやっぱりもよおして来ました。少し前にトイレに行ったのになぁ・・・、どうしようかな?トイレに行ってたら前の方行けないしな、と思ったり、開演前にドリンク貰ってたら出遅れるし、またもよおすのでスルーして帰りにもらおうと思ったりしながら、開場と同時に猛ダッシュでトイレへ。この辺は前日の経験が生きてくる。


そして早足でスタンディング席へ。おお、結構前の方空いてるじゃんと思い、センターの真ん前をキープ。前から5列目くらい。しかも手摺の有るところなので寄りかかれる。で、やっぱり前の方の席はマニアの方々が集まっているので、周りの話を聞いてるのも楽しい。隣の人なんか、結構詳しそうな人だった。大体は結構詳しい人と、そうでもないけどまあまあ好きな人の組み合わせ。


開演までの曲は昨日の様にWhoは流れてなかったので、毎日変えてるんだろうな。Dancing in the Streetとか、ストーンズのGet Out of My Cloudの何語か分からない女性ボーカルのバージョンが流れてました。


で、開演まで一時間待ち。これが結構辛いのよね。スタンディングだし。ま、僕の周りは僕より年配の人が多かったので、多分僕より辛い!と言う事で我慢我慢。


途中ローディーの方がピックを配ってたりしてて、僕はちょっと貰えなかったんだけど、後でTwitterで調べたら使用済みのピックだったみたい。画像も上がっていました。ピックの形はティアドロップみたいですね。なんとなくオニギリ型かと思ってたので意外でした。


あとステージの袖からピート・トーマスが覗いていたのが見えた。誰も騒いでなかったけど、ちょっとおおっ!って感じでした。


そうこうしてる間にフロアは満員状態。昨日までの入りは何だったのか。まあ週末だしね。


そして開演。


オープニングから5曲は前日と同じだったけど、今回はコステロの真ん前。10メートルもない位置にコステロがいる!ま、ピート・トーマスは隠れて全然見えないけどね。


一回目のルーレットはSo Like Candyというなかなかのレア曲。


Come the Meantimesでは途中ロジャー・ダルトリーばりの吃音唱法を披露。


2回目のルーレットはGirlで前日と同じ。ビートルズはやらずに、Tokyo Storm Warning。これもルーレット曲で昨日と同じ、被るな〜。この曲を聴きながらWOWOWの件を思い出し、いやいやSapporo Storm Warningだよ!と思ったのは自分だけだろう。


次のルーレットはSheが好きだという二人組の女性。なんと止まったのはSheでこれには会場大盛り上がり。ま、これも前日被りですけど。


そのままGod Give Me Strength。曲の途中でステージに上げられた女性は明らかに戸惑っていてかなり顔が引きつっていた。ルーレットで止まったのはI Want You。そしてこの女性が好きな曲だと言ってたChelseaへ。


新曲を挟み本編ラストはPump It Up!会場は大盛り上がり。これは昨日やらなかったので嬉しい。


アンコールはこれも昨日やらなかったI Still Have That Other Girl。これま聴きたかったなでまたまた嬉しい。そしてスティーブ・ナイーブに小声で何かを伝えるコステロ。日本で人気のSmileのPianoバージョン。終わりでまたスティーブに何かを伝えてShot His Own Gunへ。


スティーブ・ナイーブ素晴らしい。


そしてOliver's Army。ピアノバージョンからバンドが入ってくる所で会場大盛り上がり。


Less Than Zeroは前日なかったのでまたまた嬉しい選曲。イエ、イエエ〜で会場大合唱。


新譜、Shipbuildingを挟みBedlamへ。Tripwireの終わりでPLUのバラードバージョン。アンコール一発目ラストは知らない曲で戸惑った。Wise Up Ghostのデラックスエディションに入ってる曲でしたか。持ってるのにちゃんと聴いてなかった。俺知ってるぞ、とばかりにずっと歌ってた隣の男性もこの曲は歌ってなかったので多分自分と同じ状態(笑)。デラックスエディションって輸入盤でしか手に入らないから、多分知らない人たくさんいたんじゃないかな?


アンコール2回目はハットを被った男性と女性のカップル。結局彼らは一番最後までステージに上げられたままでしたね。


Everyday I Write The Bookも前日なかったので嬉しい。そしてAlison。メドレーでなんかやるかなと思ったらあっさり終わって、バラードっぽい感じで始まるI Can't Stand Up For Falling Downで会場ヒートアップ。そのままHigh Fidelity来るか?と思ったらやっぱりきた〜!で、Watching The Detectiveへ。前日もやっていたトラメガでエフェクトかけながらギターソロ。


Sugar Won't Workが始まり、まさか昨日と同じでこれが真のラスト?と思いきや、やっぱり最後はPLU。


終演後はバンドメンバー全員前に勢ぞろいしてご挨拶。前日はスティーブを前に呼んだ時に、え?俺前行くの?みたいな感じだったけど、この日はあっさり前へ。ちょっと面白かった。


取り留めもなく色々と書いてみましたが、俺Veronica聴いてないぞ!1日目やったんですよね確か。それってバンドバージョン?ソロバージョン?Spikeはアトラクションズじゃないからやっぱりソロバージョンだったのかしら。バンドバージョンだったら見たかった。


というわけで、今日札幌戻ります。腹立たしい事に札幌晴れてるみたいだけど。寄りによって昨日の夜吹雪かなくても・・・。ま、吹雪いてたら今日帰れないわけですが(苦笑)


WOWOWさんなら再放送してくれるよね多分。お願いしますよー!!